カテゴリー「RE」の記事

ボニータの色付き

R0010444 昨年爪楊枝の挿し木から、やっと6号まで大きくなったボニータですが、4~5日ぐらい前から、色付きはじめてます・・

ボニータの結実は初めてですが、いつもこんなに早いのかな~?

R0010445 これで20mmあります・・

20mmあると、やはりREでも「見栄え」がしますね~ 

情報によると、もっと大粒になるとも聞いてますので、よほど「ひどいお味」でなければちょっと「増やしたい」品種でもあります・・。

味見は後2~3日してからですね・・。 

R0010446 こちらは、2007年の秋にリョクサンから2本入ったモンゴメリーの一本ですが・・

実は昨年の秋まで、ほとんど「死んで」た苗です、もう一本はすでに45L鉢なんですがね~~

2007年の秋に根洗いしてから、ず~~と! 6号のまんまですが~ 

わりと「しぶとく!」て、結実してますが・・・ そんな事をしてる場合では無いと思うんですがね~

45L鉢の方はまだまだ、色付く気配はないですけども、別に「品種違い」と云う訳でもないようですが・・。

R0010447 ひょっとすると、自身の命がアブナイので、早く子孫を残そうと云う事かもね・・。 

18mmあって、ま~ま~大粒って云えるかな・・

こちらも、後2~3日して「味見」かな・・。

R0010448 これはちょっとめずらしい! 超! 特大! 

赤いブルーベリー!

じゃ~ 無くって! 

R0010449 ミニトマトの「アイコ」です・・

うちのガサツな嫁さんが、珍しく!何を思ったのか苗を買ってきまして「植えといてね!」の一言があった苗です・・。

9号に植えましたが、思ったよりデカクなる品種ですね、もう少し大きめの方が良かったかな・・

普通のミニトマトより「高糖度」で美味しい!との事ですが~~
スーパーなんかで買う分には、そうでもないですよね~?

水を少なめに栽培してますが、どうなりますか・・。

|

コロンブス、ピンチ!

今季、期待のコロンブスですが・・・

R0010315 4月末には残していた花芽が満開でにぎやかでしたが・・・ 

現在は・・・  

5月に入っての曇り空と雨によって! 想定外の状況になっております・・ 

R0010305 ウッダッドほどではありませんが、口が小さく、花柱が出てない! って事が影響しているのか知れませんが~・・

(もともと、蜂さんはあまり来てないんだが)

R0010307 花房自体が、こんな感じで腐ってしまってます・・(まったく、受粉しないのに長雨にあたったから?)・・。

かなりの割合でこの状況になっており、今季予定の2kg!は「楽勝」が・・・

200gもむずかしい!って・・・ 

R0010310 すぐとなりのオンスローみたいに何もしなくても!
こんな感じで受粉してくれるのが、いいな~~ 

自家受粉なのかね~
コロンブスさん、期待してたけども、蜂さんが「必須」だとすると、うちではちょっとキビシイ! かもね・・

オンスローさんに、心変わりかな~~ 

R0010311 もうすでに、となりと葉が擦れてます・・ 

何とかしないと・・。

処分したいけども、今軽トラの後ろでは葉が傷んでしまうよね・・
幌付きのトラックでないと・・ 

自根デュップリン45Lとか、接ぎ木デュプリン40スリット鉢とか、接ぎ木アーリーブルー45Lとか、接ぎ木リベイル45Lとか・・・ 

R0010313 沈黙のBBシリーズの接ぎ木プル・・

まだ6号ですが・・

R0010314 同じく接ぎ木キャロライン・
6号・・

まだ強いシュート等は出てませんが、何とか今年は成るかな~~って感じではあります・・ 

まだ鉢から出して確認はしてませんが、ま~そろそろ鉢増しが必要ではないかな~~って・・。

ま~ちょっと、初心者には難しいかもね・・
まったく、わたくし「責任」とれません・・。

       

シンデレラだよ~~~ん!

プルは終了! 一番乗りはsappiさんでした。

キャロラインも終了! Hiromiさんでした。

送料だけみてね・・。  

|

やっと、咲きました・・

R0010171 45L鉢のオンスローですが、やっと花が咲きました・・

R0010173 丸っこい感じの花で、花柱がかなり出てますね、受粉はしやすい感じです・・

R0010174 受粉作業はやりませんし、蜂も今日一匹しか見てないので、どうなりますかね・・ 

R0010181 こちらは45L鉢のコロンブス・・

R0010178 今日開いたばっかりですかね・・

本来よりは遅めの開花でしょうね・・

R0010179 もう少し、口のあたりが開くような感じもしますが・・

R0010189 45L鉢のアイラ・・

R0010191 こちらは、2~3日前から咲いてるのかな・・

昨年の葉が結構きれいなまま残ってます・・

その割には、動き出しが「鈍い!」感じがします・・

R0010196 こちらは、ヤドキンの花・・

R0010198 どうもREの新品種達の動きが「イマイチ」が感じがします・・

ひょっとして、45Lに上げてから、根の動きが悪いのかも! 

昨年の成長度合から考えると、ちょっと! 不安が・・。 

|

動きが遅いね~

え~ 期待のコロンブスですが~~ 

R0010095 期待を込めて、早々と40L鉢に上げたコロンブスですが・・

どうも「動き」がおそいですね~
大丈夫なのかな~

R0010096 花芽は枝先を半分以上落しましたが、その所為もあるでしょうが、花芽の展開が遅いです・・

2月に気温が高かったので、枝先を落としたんですが、3月にこれだけ気温が低めに推移するとは・・・ ちょっと誤算でしたね~

R0010097 ま~後、オンスロー、アイラなんかも「遅い感じ」なので、「相方」には、困らないと思いますが・・。

|

ボニータ?

R0010050 昨年の2月に本当に「爪楊枝より細い」挿し木をしたボニータですが、なんとか枯れずに40cmを越えました・・

品種確認のために花芽を残してますが、REの中で一番に咲いてしまいました・・

R0010051 こんな! 感じ!

R0010052 こんなんだけど、これってボニータかいな?

あってるような、気もするが・・

幼木のうちは成長が遅い!って聞いたけど・・

昨年の爪楊枝から見ると、そんなでも無い感じですが・・

株の太りが遅いって事なのかな??

R0010042 6号のモンゴメリー・・

ほったらかしで置いていたら、花芽だらけで、しかももう!咲きそうですね・・

ボニータの相手になってくれるかな・・ 

R0010043 このところの「寒さ」のせいかもしれませんが、やけに「赤い」ですね・・

花が開くと、白くなるとは思いますが・・

この株は、このまんま! 摘花せずに結実させようかと思ってますが・・・
さすがに! REと云えども! まずいかな~~  

|

コロンブスを45L鉢に・・

R0012229 ちょっと、時間があったので、12号のコロンブスを45L鉢に鉢上げします・・

この春から収穫まで、植え替え等をしなくて済む様にちょっと早めの鉢上げです、ちょうど昨年の今頃に国華園から「期待を裏切らない!」大きさで入荷して、根洗いして6号にしましたね~ 

おもえば、良く成長してくれました、株元から何本も分岐しているにもかかわらず、各主軸の太めなのが分かりますか?

今は途中の分岐枝を「間引いて」いるので、少しサッパリした感じですが、本当はもっとワッサワッサと云う感じです・・。

樹勢がかなり「強い」感じがします、育てやすいですね・・ 

R0012230 マルチをよけると、白い元気な根が見えます、え~ですね~ 

R0012232 昨年の10月18日に10号から12号にしてますが、思っていたよりしっかり根が伸びてます、鉢底のベラボンまで根がまわってます・・

それから、伸びてる根の1本、1本の「太い」感じが分かりますかね~ このあたりも樹勢の強さが感じられます・・

R0012233 根鉢は全然いらわないで、まんま!45Lにしました・・

各枝先を30cmぐらいは、剪定しているので、バランス的に45Lだと、少し樹高が無い感じですが、30cmはある台に乗せるのでこれぐらいが収穫にはちょうど良いですね・・。

本来、あまりREには興味ないんですが、なぜかこのコロンブスにはひかれます・・

別に「デカイ!葉」に引かれる訳ではないですが・・ 

国華園さんで「高目設定の値段」で売られてますが、買ってみて、ま~良かったかな~って、今のところは思ってます・・。

今年の収穫が本当に楽しみです・・。 

|

REの剪定をちょっと・・・

今年結実させる予定のラビットアイを少し剪定しました・・

剪定と云っても、各枝先の花芽を落とすぐらいですが・・

R0012214 2007年の秋に、リョクサンから2年生で入ってきた12号ヤドキン・・

2年生と云っても株自体は大した事はなかったですが、昨年2本の太めのシュートが伸びてくれて格好は何とかつきましたが・・ 

直立、開帳性の中間って感じですかね~ ま~あまり特徴がありません!? 

樹高もそれほど高くならない感じですね、パウダーに似てブルームが多いのかな? リョクサンのカタログによれば晩生らしい、果たしてパウダーと替わり得るのか?? 

R0012220 花芽は多いです、各枝先に3~4芽だけ残そうと思えば、枝先をかなり落とさないといけませんね~

枝先の花芽の方が、充実した花芽が付いてるので、出来れば枝先に結果させたいですが・・・

支柱を立てているので、それでも構わないんですが、置き場の関係で少しでも背を低く抑えたいしね・・。

R0012218 同じく2007年の秋に2年苗でリョクサンから入った14号モンゴメリー・・

ハイブッシュの晩生と収穫期が重なるぐらいの早生らしい?・・

クライマックスに替わる品種? 

梅雨時でも「裂果」が少ないらしい(リョクサンのカタログ)

なんか~細めの枝が分岐して、支柱が無いと倒れてしまいます・・

ちなみにこの株は12本立ててます、ちょっと管理が面倒な感じです、ただ大株になると収量は多そうです・・。

この品種も花芽が多いです、各枝先を30~40cm落としました・・。

R0012216 昨年の春に国華園から、ちっこい苗で入ってきたコロンブス(コロンバス)・・

実際のところ、どんな品種か? まだ良く判りませんが、けっこう大粒でアメリカでは期待されてるらしい? 

樹の太りが早い感じで、しっかりした太めで短めの分岐で、管理にあまり手が掛からない感じがします、樹高もあまり高くならずに、ほどほどで摘み取りやすく、地植えでもえ~んとちゃうかな・・。

R0012221 各枝先に3芽ぐらい残してます、もう少し調整するかもしれませんが、ま~1kgは軽く収穫できるかな~と・・。 

期待どうりだと良いんですが~~

近いうちに45L鉢に上げます、秋までいらわんで良い様に・・。

|

記録として、画像を撮り直しました・RE

先月の画像はパソコンが「飛んだ!」際に、消えたので記録として取り直しました・・

R0012071 2月に小さな苗で来たコロンブスですが、現在12号です・・

アメリカの文献によれば、なんか良い品種らしい、良くわからんけども・・。

枝の分岐は太めで、そんなにひょろひょろとは伸びないので、少しの剪定、管理で良いみたいです・・。

R0012072 かなり直立性のオンスロー・・

あまり分岐せずに伸びます、今年から大関Nでも販売されてるみたいですが、「同じ品種だといいな~」というかんじです・・。

R0012073 直立性の強いアイラ・・

まっすぐ伸びてます、高くなりすぎて鉢栽培には向かないかな、
地植えだと、なんとかなるかもしれませんが、鉢栽培だと、低く治めようと強く切り戻せば、またそれだけ強いシュートがでますからね・・。

R0012074 昨年の秋にリョウサンから2年生で来たヤドキン・・

半直立性でごく普通のティフみたいな・・

あまり特徴がいまのところわかりません・・。

R0012075 これも昨年リョクサンから来たモンゴメリー・・

細い枝がいっぱい分岐して支柱が無いと拡がってしまって収拾がつきません、ちょっと困るのでリストラ候補です・・。

スペースの有る人には良いかも、あまり背が高くならないみたいだし、花芽がいっぱい付いてるので収量が多そうだし・・。 

とりあえず、記録なのでコメントは良いですよ・・。 

|

RE新品種の状況

何の為に買ったのか良く?判らない新品種達ですが、ま~この内で一品種でも「自家結実性」の高い品種があれば良いですが・・

R0011836 この2月に来ましたコロンブス、来たときは爪楊枝と「良い勝負」の細~い15cmほどの小苗(さすがに挿し穂は採れませんでした)でしたが、その大きな葉とともに順調に生育しまして現在は10号、鉢上1mぐらいです・・

分岐が多くて、品種的にあまり樹高は高くならない感じです・・
まだ花芽がどのくらい付くか、判りませんが、この分岐枝に普通に花芽が付くとすると、かなり「収量の多い」品種かと思われます・・。

春からず~と成長しており、まだまだ一ヶ月は成長するでしょうね、一株は来年結実させたいのでしっかり花芽が付いて欲しいですね・・。

R0011838 こちらは直立性!のアイラ・・ 

パウダーみたいに、真っ直ぐ上に伸びてます、ほとんで分岐無しです・・
現在10号鉢、1・4mぐらいあります、こちらも春から成長が続いてます、分岐しないので「挿し穂」が採りやすい・・。 

R0011839 昨年の12月に国華園から来たオンスロー・・

樹勢が弱いイメージがありましたが、以外に元気で10号鉢1・4mぐらいあります・・

今年から大関Nでも取扱が始まったのかな? アメリカライセンス品種と云うのが「良く判りません」が~?? USパテント品種では無いんだよね??
誰か「説明」して・・。 USパテントはこちら・・。

なにやら「うたい文句」は良いことが書いてありますし、耐寒性があるとは書いてますが、所詮はRE・・ 寒冷地に植えちゃアカンやろね、でも!そこはそれ!「人柱」と成りて「実験」してみるのも「一興」ですかね・・。

オンスローも直立性で、挿し穂は採りやすいですが~~ 

R0011842 左がヤドキン、右モンゴメリー・・
昨年の9月にリョクサンから来た2年苗でしたが、管理が悪い苗なので国華園のチビ苗に追いつかれてます・・

管理が悪く元気の無い2年生よりは若く元気の良い(根が若い)小苗の方が、後々の生育が優れます・・
皆さんも、小さなポットのままの「見た目の大苗」なんか、買ったら後々苦労しますよ、たぶん!
ちなみに、ヤドキン、モンゴメリー一本ずつ「枯れて」おります・・。 

ヤドキン、モンゴメリー両種とも、開帳性でかなり分岐が多いです、挿し穂が採りにくい!
ま~来年結実させてみないと、良くわかりませんわな~

|

RE新品種コロンブス・・

R0011690 6月の初めに8号に鉢上げしたコロンブスですが、温度が上がってきて、少し風が強い日だと夕方には新梢がうなだれる様になりました・・

10号に上げようかね~~

R0011695 生育旺盛だし、なにより「葉がデカイ!」だもんね・・ 

これで、13cmあります・・ 決して肥料のやり過ぎではありません・・
どちらかと云うと、成長具合から見て「少ない」方です・・

これだけデカイと蒸散も多い!わな~
それに、せっかく順調に生育しているし~・・ 夏挿しをあきらめて、このまま生育させて「来年の結実」をねらうかね~ 
なにやら、とても良い品種だと云う情報もあるしね・・ 

この調子で行けば、秋には楽勝で12号に上げて、来年は14号あたりで収穫できるかもね・・
多少は春挿しも採れるだろうし・・。

R0011696 モンゴメリー、ヤドキンもついでに10号にあげちゃおうね・・

後アイラ、オンスローがありますが、暑いから今日はここまで・・。

R0011692 良く乾くはずです、しっかり根も張ってます・・

コロンブスは、もう少し「早め」でも良かったね・・ 

R0011693 10号に、長めの支柱をつけて・・ 

秋までに、少々伸びても「大丈夫」にしときます・・ 

R0011698 こちらも6月の初めに12号に鉢上げした接ぎ木オニールですが、鉢上げしてから奥の方に「ほったらかし」でしたが、しばらく見て無かったら、シュートが伸びて、さらにそのシュートが分岐して「えらい事」になってます・・

ここまできたら、この株も来年に「思いっきり」結実させたいですね・・

成長!良すぎ!です~ やっぱ、接ぎ木の「威力」です~ 

|

より以前の記事一覧