カテゴリー「NH」の記事

デニスの色付きとエチョータ

すでに四国行きが決まっているスリット50角のデニスですが・・

色付いてきました・・。 
うちでは初めての結実です、ワクワクしますね~ 

R0010417 まだ、19mmほどですが、完熟までには、もう少し大きくなってくれるでしょうね・・

R0010418 横から見ると~~
丸っこいですね~ やはりこのあたりは「血統」でしょうか・・。

自家結実が高い感じですし、この丸っこい感じの実は、なにやら期待できそうです・・

中生~晩生の主要品種として有望です・・。 

去年の接ぎ木デニスを大事にしよ~っと・・。 

R0010416 keiさんエチョータですが、先日から急激に大きく、お揃いになってきました・・

一番は23mmですが、他も22mmあって、わずか4~5粒なのに、見た目に迫力があります・・

これだけ「粒揃い」になると、スパータンとあまり遜色ないですね~

さすが!keiさん、お勧め品種だけあります・・
エチョータも「残留決定品種」になってしまいました・・。 

|

ちょっと、鉢増し

昨年の春の挿し木苗でトレントポットの5号植えのチャンドラー、キャロライン、サミットなんかが、数鉢残っているので、鉢上げしました・・

昨年の挿し木苗は、ほとんどが「養子に出て」、残ってるのは、本当にこの数鉢だけです・・。
(台木にする、ブルーシャワー、ホームベルが20本ほどありますが)

R0012124 これは、あの31・5mmの直系のチャンドラー・・ 

親株は、どんどんさん所へ、いってしまいましたが・・

ま~正確に云えば「国華園」系のチャンドラーと云う事ですが・・。

7月の20日頃にスリット7・5から5号に上げてますかね~

R0012127 マルチにしてたベラボンの8Mをよけてみると、なかなか8Mには根は張らないんですが~

良く張ってます! 取るんじゃなかったね~ ブチブチと切れてしまいました・・。 

R0012129 鉢から、ズッポォーと、きれいに抜けました・・

サークリングも無く、上から下までまんべんなく根が出てます、根の先は白い根がいかにも、若い健康な根だよ~って云っている感じですね・・

良い感じです、何も云う事はありません、すべての株がこんなだったら良いんですがね~ 

R0012131 根の状態が非常に良いので、なにもせず、そのまま用土を足して7号に上げました・・

スリット7・5から4~5号に鉢上げする時もですが、根の状態が非常に良くて白い根が元気良く伸びてる時には、根鉢を「ばらす」とか、水をかけて根を「少し出す」とかしなくても、そのまま同じ様な用土を足してやれば良いです・・。

何でも、かんでも、根鉢をくずせば良い!ってもんじゃないです・・

左二株、チャンドラー
右二株、キャロライン・・ 春からの生長が楽しみです・・。 
ま~自根だから、大株までは育てないと思いますが・・。 

|

これも撮り直し?、キャロライン

自根のキャロラインは今12号2本60L鉢2本あります、12号の株も鉢上げしないといけませんが、スペースが無いのでそのままです・・

接ぎ木のキャロラインが大きくなる来年にはリストラかもしれません・・。

R0012079 2本あるうちの60Lの一本ですが、まだ根が伸びる余地があるのか、紅葉せずに青々としてます・・

接ぎ木じゃ無いんだけども、ま~元気が良いのかな、来年はかなり収穫出来そうです・・。

R0012080 もう一本の60L株・・

こちらはさすがに紅葉し始めました、この株も収穫予定です・・。

|

自根のスパグロ

R0011960 この株は2006年春の挿し木で大関Nのスパグロの系統です・・

4月に12号に用土を浅目に植えて、順調に生育しています、排水の良い用土ですが、真夏でも一日一回の水やりでしのげましたね・・。

スペース的に置場がやや後ろで、鉢に直接お日様があたらなかったのが幸いしたのかもね・・。

でも前回の植え替えから半年なので、きっと根が廻ってると思うので植え替えです・・。

R0011961 やっぱ!根が廻りすぎですね~

びっしり根が張ってます、元気が良いわけですね・・

普通スパータンは樹勢が「弱い!」と思われてますが~「枯れる」までは  樹勢は「強い」方なんですよ、適切な用土であれば2年半あれば「この程度」には当たり前になります・・。

問題は4、5年過ぎてからです・・ 
アレェ~??っと、異変に気づいた時には「時すでに遅し」でアウトなんですね~

このあたりの事が、経験の少ない「初心者」には分からないから「なぜ?接ぎ木にするんだ?」なんて~事を言っちゃうんだよね~ 

R0011962 根が廻り過ぎてるので、グルリと1cmぐらいカットします・・

底は厚めにベラボンなのでそのままです・・

R0011963 今回は少し小さめですが、スリット400に収めました・・

この株は「挿し穂採り」用の株で、結実させないのでこの鉢で我慢してもらいます、来年はばっさりと切っちゃいますからね・・。

R0011965 スリットの底は穴を開けて通気、排水を計ります、スリットが「排水性」が良い!なんて~のは信じませんから・・。

特にカナダ産ピートモスでスリットの大鉢に植えた場合は「要注意」ですよ、鉢底の真ん中あたりが「真っ黒」になって傷んでいますよ・・。 

ま~私はラトビア産ですが・・ 

|

春の挿し木キャロライン

R0011927 この春の挿し木(スリット7・5cm)苗を鉢上げした場合に鉢の大きさで成長がどうなるか 

全部が全部、こうなると云う事ではありませんが、同じキャロラインを6号、5号、スリット旧4号に7月の頭ぐらいに鉢上げしたサンプルがあるので比べてみますね・・。

左から6号で鉢上70cm近く、
真ん中が5号で鉢上50cmぐらい、右がスリットの旧4号で鉢上40cmぐらいです・・

ま~6号は一本だけシュートが伸びてると云う事もありますが、株の大きさ、充実度の違いが判りますね・・
葉の大きさの違いをみてください・・

ちなみに、一年苗は数本のシュートが短めに伸びるよりも、1~2本の強くて太いシュートが伸びた方が良いんですよ、勿論強く伸びてるシュートを途中で「ぶった切る」なんてことはしないでね・・。 

分岐さすなんて~のは、いつでも出来ますから、まずは「株の充実」が優先です・・。

R0011928 この6号のキャロラインは「偶然だろ~?」と思われる方のために、右の株はこの春の挿し木ハリソンですが、鉢上80cm以上あります・・

やはり7月の頭に鉢上げした株です、あまり背丈の伸びないハリソンですが、この株は「良いですね~」。

ちなみに「元肥はほとんど違いません、その後の追肥(マグアンプ小粒)の量が若干違うぐらいです・・。

ですから、スペースがあればやや大きめの鉢からスタートすれば早く大きくなります、勿論スリットに挿し木して、そのまま通気の良い用土で鉢上げが条件ですが・・。

|

デューク

R0011829 3月27日に完全根洗いした自根のデュークですが、その後の成長も良く、現在8号鉢ですが、鉢上1・4mに届いてます・・

直ぐにでも、10号あるいは12号に鉢上げしなければなりませんが~
接ぎ木のデュークをすでに12号で用意しており、自根のデュークが存在出来るスペースはもはやありませんです・・

ある程度、自根のNHでもやり様によっては暖地でも大丈夫よと、判ってもらえて「この株のお勤め」は終わったと思いまして~~ 

この株が欲しい人はいないかね~?
いたら「購入希望額」を書いてメールしてね・・ 間違っても、ムチャクチャな「希望額」はかかないでね、半分「シャレ」でやってるんだからね・・ 

関東でコレクト払いで運賃だけで、1500円ぐらいかかるからね、それから一応ダンボールに入れるけれど、上の枝の部分がかなり出て、枝折れの「可能性」があるから、それも了解の人に限ります・・。

電話番号、本名、住所、あればHNも書いてメールしてね、真夜中までの応募とします。

R0011831 カエルも付いて行くかも・・ 

R0011833 四次成長が始まってます、新芽も少し痛むかもです・・
ここらも、痛むのを「我慢」出来る人でね・・。 

終了しました。

|

デニスブルー

R0011680 5月の末に、いきなり10号から50角スリットに植え替えたデニスですが・・

成長が止まることなく新梢やシュートを伸ばしてます・・

R0011681 株元から5~6本の太くなりそうなシュートが出てますね、ただこれだけ出てくると「ボッサ、ボッサ状態」ですわな~

うれしいけれど・・ ちょっと困っちゃうな~っと・・。

R0011682_2 こちらは現在9号にお住まいの今年の接ぎ木デニスですが、やはり「こみあって」ますね・・ 
これはもう「品種的」なもんでしょうね、小間目にカットしていかないとダメのかな・・。

R0011684 デニスで困ってる事が一つあって、新梢の先が一日で「黒くなって」枯れ込むんですが・・ なんでしょうか??
誰か? 分かりますか?

デニスの新梢のほとんどが、この症状で枯れ込んでます、これがなければもっと枝は伸びてるんですが・・

ちなみにほかの品種にはほとんど見られません、どうも「虫関係」でなく「細菌関係」のような気がしてますが・・
もしデニスが特別弱い品種だと困るな~~ 

|

キャロライン収獲

小雨パラパラ、曇り空ですが~また雨が続くと云うので、キャロライン、サミット、チャンドラーを収穫しました・・

R0011617_r キャロラインの最大果23・5mm・・

今日の収穫は18粒でしたが、全部が20~23・5mmの間で確かに「粒揃い」と云えるかな・・ 

果実は指でもった感じの「固め」よりは、噛んだ感じは「柔らかめ」で、ちょっと「以外」な感じですが・・・ 
どうなんでしょうかね~ 雨が続いてるからか?? 樹上に置き過ぎか??

お味は濃い~感じの「酸味」がかった(酸っぱ過ぎるとのとは違う!)お味ですが、個人的には、もう少し甘味があると良いかな~と云う感じですが・・
このあたりはやはり「日照量」の問題か・・ 

風味と云うのは、イマイチ感じませんでしたが~
これは私の「舌」の問題かもです・・   スイマセン・・

R0011619_r サミットの最大果24mm・・

良いですね~   
極大粒はありませんが本当に「粒揃い」ですね~~

R0011622_r 今日はこれだけ収穫ですが、ほとんどが20mm以上です、文句ないですね~ 
接ぎ木のスパータンに全然「負けてません」よ・・。 
お味はやはり雨続きでやや「薄い感じ」ですが、甘・酸味!調和して非常に「美味しいです」よ、う~ん! ミスティーに似てるのかな・・ 

R0011623_r 今日のチャンドラーですが、最大果は25mmですが、その他が先日の収穫より「小粒」になりましたね・・


R0011624_r 左のチャンドラーより右のサミットの「大粒・粒揃い」の感じがわかりますね~   

サミット  え~ね~ ほんと  お勧めです 

|

キャロライン

R0011604_r 5本残してあるキャロラインですが、成長して鉢が小さめになったので12号に鉢上げしています、左端の株は先日してあります・・

R0011609_r 5本の内、2本に少しだけ結実させてます、やっと色付いてきました・・

この株は太い主軸の上が「車枝」になってますが、挿し穂も採らずにそのまま結実させてしまいました・・ 

R0011606_r 現在23mmぐらいですかね~
後4~5日したら収穫したいです、どんな「お味」か、興味ありますが~私の「おそまつな舌」では・・・ 

正確にお伝えはできないかも~~ 

このキャロラインは自根の小町園のオリジナル苗なんだけど、どんどん枝が出て「生い茂る」感じで大きくなるんだけど、大株になると「収量」がすごい!のかな~ 

|

チャンドラー収獲

P1010481_r チャンドラー自根の60L鉢ですが、一週間ぐらいまえから色付いて来てましたが、晴れ間の間に収穫しました・・

60L鉢が三本あります、いずれも2004年の国華園の元苗からの「爪楊枝挿し」でした・・。

P1010484_r チャンドラーらしく「揃い」は悪いですが、ぽろぽろと極大粒がまじります・・

実の形も、おせじにも「綺麗な形」とは云えませんね~ 


P1010490_r ま~でも~ チャンドラーは「形」でなくて、やはり「大きさ」ですかね~

         
31・5mmありま~~す 

初めての30mm越えですね~ ちなみに、12gあります・・。 

P1010492_r 31・5の下は27・5、26・5と続いて24~25mmはゴロゴロあります・・

こんなの、みんなに見せちゃうと、いくらチャンドラーは「いまいち」ですよ! なんて云っても~聞かないよね~

でも、本当にチャンドラーは味に「バラツキ」があるし「いまいち」なんですよ~

    

|