« ボニータの色付き | トップページ | 私の挿し木のやり方 »

今年の接木はどんなかな~

皆様方、お久です!

いろいろと有りまして、更新する気力がありませんでした・・ 
何度か、来られた方には失礼しましたね・・。 (*_ _)人ゴメンナサイ
また、機会があれば「お詫び」の気持ちを表わしますね・・。 

※ 誠意をみせろ! な~んて書き込まないでね! 

さて、十月も半ば過ぎてBBの成長も止まりぎみで、今年の接木、挿し木苗の成果も決まりつつあります・・。
うちの接木苗のその後を載せますね(6月の接木苗の状態は二つ前の記事を参照してね)

R0010472 右が10号BS台スパグロで鉢上140cm強ぐらい、揃って伸びてます・・

左が10号BS台エチョータで、これも揃って140cmぐらい伸びてます・・

挿し穂や接ぎ穂が取りやすいです、ま~親木があるからね~別にこの株から採る必要もないんだけど・・。

R0010475 右が12号BS台レカ、3本接ぎだから、これも何本も立ってます・・

左はHB台スパグロで12号に見えますが、実は10号のまま! 12号にはいってます(転倒防止)・・。

この株はナフコで買ってきたホームベル(2~3年生?)に3本接いだやつですね・・

以前記事にしたとおもいますが・・。

R0010479 右が10号BS台サミットで、100cmぐらいかな・・
しっかり花芽が着いてます・・。

左が10号HB台ミスティーで、やや細いですがミスティーの一年目だったらこんなもんですわな~
太めのシュートが出るのは2~3年目からです・・。

R0010482 こちらは10号デニス、BS台、HB台、T-172台と色々あります・・ 

1~3本接ぎとありますが、やはりデニスは枝の分岐が多いので2本接ぎぐらいまでにしといたほうが良いような気がします・・

枝の分岐が多いから「仕立て」に手が掛ってしょうがないです・・。 

R0010483 それとデニスはもう一つ! 葉に赤い斑点が出やすいですね~
品種的なもんでしょうが、今年は激しく出てます・・

気にする人は「殺菌剤」で予防が必要かな・・ 

ブルーインパルスのデニスの品種同定に2~3店舗を見て回りましたが、やはり出てましたね~~
デニスに間違いないです・・。 

今年は九州産もデニスの接木がありましたね~
サンプソン、エチョータもありました・・。
ちょっと、見てみたい気もしますが~~ 

R0010485 こちらは8号、斑入りのビロキシー・・

この株だけが、今年の接木でまだ8号です、ま~細~~い! 台木につまようじみたいな斑が出てた枝を接いだので「文句」は云えません・・

いや! よくぞ! ここまでなってくれました・・。
斑入りのビロキシーの接木はこれで3代目ですが、全部の葉に一応斑が出てます・・

遠目はま~ま~「綺麗」なんですが・・・

R0010486 近くで見ると、やはり葉の形が「いびつ!」なんですよね~~ 

あ~~ 先は長い! な~

R0010488 こちらは、今年の春挿しを6号に上げてる苗で、右からサンプソンが2本、○×□△、ハリソン、アーリーです・・

いずれも、ま~ま~の成長で、来年もこの調子でいけば、りっぱな親株になるでしょうね・・。

R0010489 これはやはり春挿しのエチョータで10月に入って8号に上げてます、100cm弱に伸びてます・・

もちろん、一年生ですからまだ細いですが、どうせ来年は結実させる訳ではないですし、接ぎ穂、挿し穂を採る分には理想的な成長です・・。 

ま~こうして成長具合を載せてるのは、どうしてかと云うと・・・

何度も同じ質問をされるからね~
本当にもういい加減に分かってほしいな~~って・・・
思う訳なのよね~~ 

接木の場合はま~2月の半ばから3月の半ばまでに6号の前年挿しの台木に接いで、良くお陽さまに当てながら一次成長させて、6号鉢に根が廻って、2次成長が始まりだす6月下旬に同じ様な用土で8号に上げる(根鉢は少しだけいらって根を刺激する)

7,8月も良くお陽さまに当てて2次成長を終わらせ、3次成長までさせる。
この7、8月でどれだけ成長させるかがポイントであって、7、8月は根が伸びない! なんて事を云ってたら! それは「育て方」では無いですよ・・
そんな「どこかの本」に書いてる事を「真に受けて」たら、栽培技術は「上がらん!」でしょう・・。
ま~こんな事は3年ぐらいブルーベリーを育てていたら「当たり前」に分かるとと思いますが・・。

8号に上げて、2カ月ぐらいで3次成長を終わらせて、秋からの株の充実の為に9月までに10号に上げときます・・
ポイントは9月に入ってからではなくて、少し涼しくなって直ぐにダッシュが出来るようにやや早めに株に準備させとくと云う感じですかね・・。
このときの鉢上げも、根鉢はあまり「くずさず」に少しだけバラすかんじで・・。

※ 鉢上げの時に根鉢を全然いらわないで、そのまま植えこんじゃうのはNGです、そのまま根が伸びずに根腐れと云うパターンは初心者がよくやる失敗例です。

そうして9,10月で株を充実させれば、前年の挿し木台木に接いだ苗でもここまでなります、ここまでなれば、来年少しぐらい結実させても良いし、もう一年養生させれば3年目には軽く! 1~2kgの収穫が出来るでしょう・・。     

挿し木苗では、3月にスリット7.5に挿して2次成長が始まったのを確認して6月の下旬から7月の上旬に4号ポットぐらいに上げます・・
この時に根鉢の白い根をくずす必要はありません、そのまんま4号にあげても問題(そのまま枯れ込む)は、ほぼありません、比率で云えば300鉢の中で一鉢枯れ込む程度でしょう・・。
これは根鉢をいらって根を傷めるデメリットを考えると、しなくても良い作業でしょうね・・。

4号に上げたら、良くお陽さまに当てて7、8月で根が一杯に廻るまで成長させます。
この時にあえて何日か日陰で養生させる必要も、根を傷めてないので必要ないです、直ぐに新芽が動きだします。

※ もちろん、鉢自体に「直射日光」は当たらないようにしないといけませんよ、鉢自体に直射日光が当たると「枯れます」よ・・
ま~簡単に銀色のシートぐらいで遮光しても効果があります。
それから鉢の大きさを問わず、鉢の下に空トレイなんかを敷いて鉢を上げて、通風を図りましょう、生育に大きな差が出ます・・。
鉢底からも水分が逃げると云う事ですね。

4号で出荷するのであればそのまま9月になってもほっておきますが、家庭で育てるのであれば7,8月で40~50cmにはなるので、接木苗と同じように8月の下旬には6号ぐらいに上げておきます・・。
そうしておくと、9月、10月でもう一回り株が大きく充実するでしょう
なお、残念ながら上記の事はベランダ栽培にはあてはまりません、通風、日当たりの条件が違うから。

は~~ 疲れた~
以上の事は実践的なBBの栽培方法です、実際に私がやっている方法ですから「机上の空論」ではありません、しかしながら、真似をしろと云っている訳ではありません、ただ当たり前に手に入る資材で当たり前にやってれば出来る方法です・・。


 

 

|

« ボニータの色付き | トップページ | 私の挿し木のやり方 »