« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

ボニータ?

R0010050 昨年の2月に本当に「爪楊枝より細い」挿し木をしたボニータですが、なんとか枯れずに40cmを越えました・・

品種確認のために花芽を残してますが、REの中で一番に咲いてしまいました・・

R0010051 こんな! 感じ!

R0010052 こんなんだけど、これってボニータかいな?

あってるような、気もするが・・

幼木のうちは成長が遅い!って聞いたけど・・

昨年の爪楊枝から見ると、そんなでも無い感じですが・・

株の太りが遅いって事なのかな??

R0010042 6号のモンゴメリー・・

ほったらかしで置いていたら、花芽だらけで、しかももう!咲きそうですね・・

ボニータの相手になってくれるかな・・ 

R0010043 このところの「寒さ」のせいかもしれませんが、やけに「赤い」ですね・・

花が開くと、白くなるとは思いますが・・

この株は、このまんま! 摘花せずに結実させようかと思ってますが・・・
さすがに! REと云えども! まずいかな~~  

|

接ぎ木

R0010030 今年の接ぎ木ですが、まだあまり「動き」が無いですね~~

R0010031 一株だけしたレカの3本接ぎですが、右の接ぎ穂の動きが一番良いですね~
それから左ですね、真ん中は動いてはいますが・・・ 

R0010032 こちらも一株だけしたキャロライン・・

動きが良いですね~~ 
なにやら! 成功の予感がします・・ 

R0010033 3株やりましたスパグロですが、その中の一本接ぎです・・

このあたりも「成功の予感」ですかね~~ 

今年のスパグロは元気の良い親株から採ったので「うまくいきそうな」感じがします・・。

R0010035 なにやら、人気のデニスですが、今年は親株が大きくなって穂木がたくさん採れたのと、昨年挿し木苗ともども「要望」が多かったので6株ほど接ぎました・・。

成功してくれると良いな~~ 

応募が「殺到」するかも 

|

挿し木

R0010040 今年の挿し木ですが、置き場所が無いので「露天」です、スペースがあれば、良く陽の当たる軒下が(雨の当たらない場所)良いです・・

R0010039 今年も、ちょっと「太め」で「長め」の挿し木をしてます・・

接ぎ穂にするのに、ちょうど良い感じですが「台木」が無いし、捨てるのも、勿体無いしね~ 

それでなくても! スペースが無いのに~~ 

R0010037 2本だけしたスパグロの「接ぎ木挿し」の動きが良い方ですが、メデールを突き破って芽が伸びてます・・

しかも、いずれも「複芽」ですね~
やはり元気の良い株から採っただけあります・・。

R0010038 こちらは、あまり動きが見られない方ですが・・・

まだ! 枯れては無いですね~
わずかですが、メデールをやぶって芽がでてます・・。

ミイラ巻にする理由ですが、穂木の「蒸散防止」はもちろんですが、もう一つ! 穂木自身の温度を上げて「発芽を早める」と云う意味があるそうです・・

プロの果樹苗屋さんが言ってたのでマチガイは無いと思います・・

特に、発芽に温度が必要な「柿」の接ぎ木には「有効」だとか・・。

|

昨夏の挿し木苗

昨年の夏の挿し木が展葉してきたので4号に上げます、まだ極一部ですが・・

R0012270 昨年の所謂「夏挿し」は、合計240本ほど挿しましたが、どうゆう訳か? 落ちたのはヤドキン2本、キャロライン1本の合計3本だけで、予想を超える「成功率」でした・・。

展葉の早いヤドキンを・・・

R0012271 いつも使っている「旧4号スリット」に・・ (まだ以前の在庫があるんです) 

ま~専用のケースもあるし、生産者的にはちょうど! 良いんですよね・・。

ただ個人の趣味で増やしている場合は4・5号から5号が良いでしょうね・・

数が少なければ、いきなり6号とかね・・。 

まず用土を7~8割方入れて、マグの中粒と小粒をパラパラと適当に入れて・・

R0012272 竹製のスプーンでマグを「まぜまぜ」して、苗が入るだけの穴をつくります・・

この時に、鉢底、それに鉢の横面に少し用土を押し付ける感じで、用土に「すきま」が出来ないようにしときます・・。

R0012273 7・5cmの苗を置いて、両手の指先で苗の根鉢がくずれないように押し込みます・・。

根鉢をくずさないので、継続して苗が成長しますから、夏前には30~40cmには成長します・・

R0012274 マルチをのせて、出来上がり! 

|

スティーブン・セガール・・・

スティーブン・セガールの「沈黙シリーズ」の最新作 

*** 沈黙のブルーベリー ***

悪には、めっぽう強い「史上最強親父」が、いくたの困難、病害虫と闘いながら「暖地でハイブッシュを育てる!」と云う、困難な任務に苦悩する姿をリアルに描き出す「秀作」です・・     

R0010016 昨年の2月11日接ぎ木、デライト台プル・・

4月29日までに、すこぶる順調に生育して、同日4・5号から7号に・・

その後、動き無く8月13日にチェック!
根腐れ判明、6号にサイズダウンするも、以後も動き無し! 

R0010017 昨年の2月8日接ぎ木、ブライトウェル台キャロライン・・

4月29日までに、すこぶる順調に生育して、同日4・5号から7号に・・

その後、動き無く8月13日にチェック!
根腐れ判明、6号にサイズダウンするも、以後も動き無し! 

こんなんも! あるんだよね~~

死んではいないんだけどもね~~
昨年動きが無かったから、あげるにあげれなかったし、どうしたもんかね~~ ??

ま~芽が動きだしてるから、もう少し「様子見」かな~~。」

※ スチィーブン・セガールが大阪の十三にいてた頃に、わたしも阪急に乗ってあのあたりをウロウロしてたわな~~
ずいぶん!昔の事ですが・・ 

|

斑入りのビロキシー・まだ生きてます!

是非とも、増やしたい斑入りのビロキシーですが・・・

接ぎ木してからも、なんとか生きてます、最初のポッチは早かったんですが・・
その後の寒さで動きがあまりありません・・ 

R0010024 こちらは、斑の入り様が「より綺麗」なAですが・・

本当にまだ芽が動き始めたばかりと云うかんじですが、枝の色は休眠期の黄色から、成長期の緑色にもどってますね・・

斑入りの葉が付いていたのは、爪楊枝より細いぐらいの枝の部分で、この細い枝を増殖していかな! あかん!ちゅうことです・・。

先が! なが~~ 

R0010026 それも、斑入りの葉が出たら! と云う事ですが・・

それは、なんとか!出るんじゃ~なかろうかと・・

それは、なぜかと云うと・・・・
良く見ると、枝自体に白斑が入ってるんですね~~ 

期待出来そうに、思いませんか~~ 

R0010027 こちらは、斑が50%ぐらいだった枝ですが・・・

R0010028 こちらの枝にも、白斑が入ってます・・

二株とも成功してくれれば「万々歳」ですが・・

この際!贅沢は言いません! 一株だけでも!

お願いします    

|

台木の「ポッチ」が出てます・・

このところの寒さで、この春の接ぎ木の芽はあまり膨らんではないですが・・

R0010002 台木から、赤い「ポッチ」の芽が出てきてます・・

R0010003 もちろん、台木を育てる訳では無いので・・ 

R0010004 この時期に出てくる「ポッチ」を早めに! 指先で搔きとっておかないとね・・

この時期に台木のシュートの芽を早めに処理しとけば、後々シュートの発生に悩ませられるって事はなくなるからね・・。

もちろん、接ぎ木が成功すかどうか? 分からないから、失敗した時のために「太くなりそうな芽」を残しとくのも「有り!」ですが・・ 

それから、接ぎ木をする際に、台木を長めに残す(所謂高接ぎ)のは、失敗した時の「接ぎ直し」が出来るように! って意味もあるけど、鉢植えの場合はどうしても「植え替え作業」が必須になるから、その折に、株を持ち上げるのに、台木が長めにあると、安心して(癒合部分が折れる心配)植え替え作業ができるって事もあります・・。

これが、台木がぎりぎり!に低かったりすると、穂木を持つ事になって非常に気をつかいます・・。

|

8号に上げました

R0012264 先日のスパグロ3本接ぎを根洗いして8号にあげました・・

気をつけて、洗わないとね・・
穂木が動くとマズイから・・ 

って、云っても、同じ太さで「変則合せ接ぎ」だから、ひどく!当てるか、落とさない限りは大丈夫なのよね・・。 

R0012267 ちょっと洗って、根を見ると・・

悪くは無いです、しっかり張ってます、さすが!ホームベル・・。

用土は?と云うと・・
川砂、バーミキュー、パーライト、腐葉土?、もみがら、そして赤玉土・・

ピートモスは、????

R0012268 絡まってる根、長い根を整理して、きれいになりました・・

ボリュウム的には、半分以下になりましたが、ぜんぜん問題はないでしょう・・。

新しい根が伸び始めると成長も早いと思います・・

R0012269 ホームベルには、もったいない!ような用土で8号に上げました・・

出来れば!3本とも成功して夏前には10号に上げれますように・・。 

|

スパグロを3本接ぎました・・

R0012258 先日買ったホームベルにスパグロを3本接ぎました、デニスにしようかと思いましたが、接ぎ木スパータンの大鉢を二鉢養子に出して、少しさびしくなったこともあり、スパグロにしました・・

なにやら「接ぎ木の王道」らしいしね・・。 

接いだ部分があまり目立たないように「変則の合せ接ぎ」でやりました・・

手間が掛かるから、あまりやりたくないですが・・。

この後、根洗いして8号ぐらいに上げようかと思いましたが、ぼっけぇ~さむ~なったけ~・・ 中止・・・
もみじの様なおててがこごえちゃうもんね・・。 

R0012260 代わりに、5年ぶりぐらいに「接ぎ木挿し」をしました・・

以前5本やった時には、5本ともアウトだったので以後やりませんでしたが、今日は自根のスパグロを台切りして穂木があったので「遊んで」みました・・。 

R0012263 「おまじない」で、「ミイラ巻き」にしてみました・・。 

ま~90%! ダメだろうね! 

|

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »