« 接ぎ木デニス | トップページ | ホルトブルーの収穫 »

調子の悪い接ぎ木

R0011818 今年の6号鉢接ぎ木キャロラインですが、台木は昨年春挿し木のバルドウィン!・・
4・5寸で接いで、ま~普通に伸び出しまして6月の頭に6号に上げましたが、その時以外に「根の張り」が悪く、一抹の不安がありましたが・・

案の定! その後の伸びが無く「放置状態」←(居残りさんだと放置プレー? そんなプレーをしてみたい!)でしたが、おそらく根鉢の真ん中あたりが根腐れ状態だろうと思いますので、根洗いでもやりますか~と鉢から出しましたが~~

そこそこ外周まで白い根が出てます、さすがにこれを今根洗いして「傷めるのは」ちょっと、マズイかな~と、元の鉢にそのままもどしました・・。

後一月ぐらいそのままにして、もう少し根が固まってから、おそらく「腐ってる」であろう中心部の根を掃除して「植え替え」しようとおもいます・・。
ま~今強引に「根洗い」するのと、どちらが「良い」か難しい判断ですが~~ 

皆さんだったら、どうしますか?
今根洗いするか? しばらく今伸びてる根を伸ばしてから植え替えるか?
いや~その「植え替え」はぜひ!わたしがやります!とか・・ 

ご意見がありますでしょうか? 

植え替えをする人が現れました・・。 

※ クロネコが「コレクト払い?」の手続きをしてくれとの事で手続きしました・・
運賃+350円(1万円以下?)で「代引き」に出来るようです、今後ご希望の方はその旨、連絡してくださいね。
 

|

« 接ぎ木デニス | トップページ | ホルトブルーの収穫 »