« スパータンの品種違い | トップページ | 第5回クイズ正解 »

温度が上がって、注意!

先日の居残りさんの記事にもありましたが・・
http://inokorisan.exblog.jp/

このところ気温が上がってきて、この春の接木苗の管理を気をつけないと、一発でダメにする可能性があります・・ 

完全に成功して、元気に新芽を伸ばしている株は、少々気温が上がっても大丈夫ですが、一次成長はしたけれど、その後停滞している様な株は「置き場」を考えてやったほうが、良いですよ・・・
危ないバランスの上で生きていた「接ぎ穂」が、気温の上昇と日照が当たり過ぎて、水の供給が追いつかず、枯れてしまいます・・・

30~40%の寒冷紗をかけるか、新葉を伸ばし始めた大株の横に置くとかしたほうがいいです・・。
二次成長を始めれば、大丈夫ですが・・。 

ちなみに、春の挿し木は日当たりの良い置き場で管理しなければいけません、半日陰なんかで管理するのはマチガイです・・・ 
日当たりの良い場所で管理して、生き残った苗が元気な「苗」です・・・   
それでも、適切な用土でやれば80~90%は成功するでしょう、大事にしすぎて「半日陰」において、水を毎日やると「枯れます」よ・・。 

挿し穂の長さも8~10cmあれば十分です、15cmは長すぎです、そんなに長くは必要ないです・・。

っと、前置きが長い!ですが・・

P1010283_r プレゼントのミスティーのサッカーに今年接いだ穂木が枯れちゃいました・・   

当選者の方、ごめんちゃい!

またこのサッカーから伸ばして、来年接ぎなおすか、元から切ってくださいね・・・

|

« スパータンの品種違い | トップページ | 第5回クイズ正解 »