« 収穫予定の大鉢・その2 | トップページ | 接木レガシーの接ぎ直し »

一番花はビロキシー

P1010111 うちの、一番花は「花芽だらけのビロキシー」でした・・・ 

かなりの花芽が、ほころびつつあり、このまま「すべての花芽」を咲かせると、かなり見ごたえのある画像が撮れるとおもいますが・・・

最悪、株が弱って・・・ 
ま~でも、ビロキシーが「どんなものか?」知りたいしね~・・・ 

P1010110 これは、昨年の秋に遅くまで伸びたシュートの先で咲いている花・・。

先日のぴんさんの記事にもありましたが、秋から伸びだしたシュートには、よく見られる現象で、別にめずらしいものでも、なんでもありません・・。

シュートが伸びつつ、花芽分化がすすむと、このような現象になるのかも知れませんね・・。

シュートとしては「軟い」し、花芽もほとんどが未熟なので、元から切り取るか、しっかりとした「潜芽」がある部分まで、切り戻したほうが良いですね・・。

|

« 収穫予定の大鉢・その2 | トップページ | 接木レガシーの接ぎ直し »