« 接木オニールの鉢上げ | トップページ | カロラインの鉢増し »

チャンドラーの植え替え

R0011342 この株は、2005年の10月に9号に上げてから、植え替えしていないチャンドラーで、本来なら昨年の春に・・挿し穂・・を採ったときに植え替えしとかねば、ならない株ですが、その時点で「ど~も! 調子悪そう~」な感じだったので挿し穂を採っただけで、その後放置していた株です・・。

R0011344 鉢の表面にコケも生えてるし、用土も傷んでる感じです・・。

株は少しは太って、枝も細いですが一応出てますが~
おそらく、根は張っていないでしょう・・・
根が張ってれば、もっと太いシュートが出てるはずです・・。

R0011345_2

底のほうは根が伸びてませんし、やはり用土の表面は傷んでいるし、根腐れしているようです・・。

R0011347とりあえず、用土の傷んでる部分を、ざぁ~っと、掻き落として根腐れしている根も取り除きます・・。

R0011348水洗いして、痛んだ用土を確実に落として、根もある程度・・露出・・させて・・・

後は、いつもの様に用土を少しずつ入れて「水きめ」で植え込みます・・。

R0011358 根が傷んでいたので、元の9号にもどっていただきました・・。
細い枝と花芽を落として、しばらくは「様子見」です・・・

っが~この株が復活する確立は良くて「五分五分」です・・。^_^;
NHが一度、根を痛めると、復活はむずかしいです・・・

ただこの時点で、短気をおこして「台きり」状態にすると、確実にその株は枯れます、痛んだ株を「台きり」して復活にかけるというのは、経験の少ない人がやる、間違った対処法です・・。

|

« 接木オニールの鉢上げ | トップページ | カロラインの鉢増し »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャンドラーの植え替え:

« 接木オニールの鉢上げ | トップページ | カロラインの鉢増し »