« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

接木キャロラインの台木による違い?

この春にキャロラインを接ぎましたが、台木のホームベルとブルーシャワーが少なかったこともあって、他のREにも接ぎました・・。

今のところ、明らかに失敗というのは無くて、芽がふくらんで展葉してきてます・・。

P1010153_r 左から、ブルーシャワー、ブライトウェル、T-172、バルドウィン、6号鉢がホームベルです・・。
左から二番目のブライトウェル台が飛びぬけて成長が良いですね・・
ま~これが「台木による違い」かどうかは、???なところですが、これから観察していけば「おもしろい!」かもです・・。

P1010155_r こうしてアップで見ても元気な感じがわかりますね・・ 

この株は、このまま一気に!大きくなる様な気がします・・。 

|

斑入りのビロキシーの葉

斑入りのビロキシーの葉が展開してきましたが・・・   

P1010149_r ま~接木としては成功でしょうが~~
肝心の白斑がほとんど! 出てないじゃ~ん! 

赤の矢印の部分に、少しだけ出てるのが判りますかね?

こんだけかよ~~ 

黄色の矢印の部分は昨年の古い葉が付いてますが、かなり白斑が出てるのが判るでしょう? 
ちょっと! がっかり! 
あ~「大儲け」の夢が~~・・・・・ 

|

デュークの根

先日サンプルで取り寄せた九州産の自根の3・5寸の2年生デュークが、残ってたので根洗いして植え替えました・・。

がっしり根が廻っていたので、ちょっと時間は掛かりましたが、どうにかきれいに洗えました(ピンセットで、しこしこ取りましたよ)・・

R0011477 かなり太めの根が見えますが、ブルーベリーはなにも「細根」ばかりではないんですよね・・・
こうした太い根があると、樹勢の強さにつながる気がします・・・
根にも、養分が貯蔵されるからでしょうかね・・。

RE最強のホームベルもこうした太めの根が多いですね、養水分の吸収力が強いのかな・・ 

デュークが全部が全部、こうだとは言いませんが、全般的に育てやすいとおもいます・・。
たしか! 何処かで見たBB関係者の言葉で、「これからは、デュークの時代になる」と云うのがありましたが・・・

R0011481 本来なら、7号ぐらいが良いでしょうが、早く根を張らして大きくしたいので、今日は6号に植えます・・・

夏までに、根を張らして早めに8号に上げて、来年の春には10号ぐらいに上げたいですね・・・

R0011482 支柱を立てて、誘引して風にゆすられない様にして、花芽を落としてできあがり・・ 

早く、大きくなってね~ 

|

ホルトブルーペティット

P1010145 ホルトブルーも花芽も葉芽も動き出してます・・。

少しばかり、花芽先行型ですかね~そんなにサザンの血が濃いいと云う訳でもない感じですが・・。

P1010146 今年の花と昨年秋の幼果が同居してます、おもしろいですね~
この幼果が大きくなれば、もっとおもしろいですが、ひょっとすると!ホルトブルーの二期成りというのは、勝手に初夏と晩秋と思ってましたが、北半球では冬を越しての春と夏の二期成りかもです・・・

P1010144 接木の葉も、いまの所は順調に動いてます・・。

P1010147 こちらは、オマケ・・・

ハリソンの挿し木ですが、同じ時期のミスティーに負けぬぐらい葉芽が展開してます・・ 

|

REの新品種たち

つまよう枝みたいな挿し穂を採った、ラビットアイの新品種の親株からも、葉が展開し始めました・・。
とりあえずは、根洗いしても大丈夫だったみたいで、一安心です・・ 

R0011470_2 「アイラ」・・これは国華園としては、驚異的な大きさ(一般的には普通)で、ちょっと「違う意味」で驚きました・・・

R0011471 「モンゴメリー」・・とりあえず、株の形を整えるのは後にして、枝を伸ばすのに専念ですね・・
この株は前年の新梢の芽が枯れていて、良い挿し穂がとれませんでした・・・2年生を買ってもこれじゃ~ね~・・ 

R0011476

「ヤドキン」・・これも前年の新梢の芽がほとんど枯れていて、良い挿し穂が採れませんでした・・・

R0011474 「オンスロー」・・これは株が小さくて、根洗いして植え替えるのが精一杯で、挿し穂はほとんど採れず・・
ひたすら、大きくなってちょうだい! と祈るばかりです・・ 

R0011463 「コロンブス」・・これも苗が小さすぎて、付いていた芽が花芽か葉芽か、判別がつきませんでしたが、やはりほとんどが花芽(赤丸の芽)で、黄色の部分でカットしました・・。
つまよう枝も採れず! です・・。

この前UPした、これらの品種の「つまよう枝挿し」を見て、「予約」を申し込まれた! 方が数人おられますが、成功するやら、どうやらも判りませんし、本数も無いことなので「お断り」いたしております、ご了解くださいね・・。  

ついでに、キャロラインをゆずってくれと云うメールもいただきますが、現在お譲りできるキャロラインはありません、よろしく・・・

※ はじめての個人メールにもかかわらず、本名も書かず聞いたことも無いハンドルネームだけというメールも来ますが、こういったメールには返信は一切しておりません。

|

第3回当選者発表!

R0011450 え~3回目の抽選ですが・・
相変わらず、こたつの上の抽選会場でございます・・。


R0011451 何時ものように、備前焼に7本セットしております・・・

はたして!「選ばれし者」はだれだ~~

R0011456 ぅん  アッチを向いております・・

何のための、「じらし!」なのか・・

R0011457 ケェ! ケェ! keiさぁ~~ん 

R0011453 もみじの様な手も写っておりますが、確かにkeiさんであります。

  


おめでとうございます、keiさん・・

外れた方は、ごめんなさいね・・

そして、「志、なかばで潰えた方々」、ご参加ありがとうございました・・。
個々のメールには返信いたしませんが、ご容赦・・・

|

第3回クイズ正解

第3回のクイズの正解は

ハリソン でした・・。

正解者は・・・

teruteruさん  スパータン
かみゅさん   ヌイ
sierraさん   チャンドラー
けろけろさん  ヌイ
keiさん    ヌイ
寄り道さん   ヌイ
Sinさん    スパータン

でした・・・・・・それにしても・・・正解率が低い    

  おと~さんは・・・ちょっと!悲しい~です・・・  

クイズに応募してきてる人は、少なくともブルーベリーに興味を持って、なおかつ栽培している人達のはずなのに・・・・・
これだけのヒントを出して、なおかつ、つい先日正解を書いてるTOMOさんの日記やkeiさんのブログのことまで書いてるのに・・・

な~んか! もう少しがんばって! もらわないと・・・
意欲が薄れます~~~

ま~正解者の方は、抽選をお楽しみに~~  

|

大鉢の癒合部分

先日UPした、大鉢の接木の癒合部分が見たいと言う、リクエストがあったので、とりあえずUPしときます・・。
べつに、参考になる様なものでもないですが・・・

P1010137 2004年接ぎブルーシャワー台スパータン・・
いわゆる「一本接ぎ」で、今販売されてる、あるいは自作のスタンダードモデル・・

P1010135 赤い線が癒合部分で、緑の部分が本来の穂木です、その他は発生したシュートで、割と近くからシュートがニョキニョキと発生してます・・。

この発生したシュートは、誘引して拡げる感じにしてます・・。

P1010134 癒合部分が「階段状」に書いてるのは、接ぎ方のまんまで「切り接ぎ」、「割り接ぎ」で無くて、ちょっと加工した「合わせ接ぎ」だからです・・。

成長が著しく早いのも、そうした事が関係有るかも知れません・・・
すなわち、接合部分の全周の形成層がうまく合わさって、養分の供給が、スムーズに行われて、結果的に成長が早い・・・と!!

P1010140 こちらは、2003年接ぎのホームベル台スパータンで2年続けて3kgぐらいの収穫があった株です・・。
ブルーシャワー台と比べて、やや背が低く、開帳ぎみ?ですね・・
たまたまなのか、台木の性格が出てるのか?
にわかには、判断出来ません・・

P1010138 この株は初めて「接木なるもの」をした株で、確か6本接ぎましたが、半分の3本しか成功しませんでした・・。 

P1010141 これも、変形の合わせ接ぎで、成長は早いほうですね・・・

この二株を見ても判りますが、あえて台木をぎりぎりまで低くする必要もないかな~と・・・

とくに、ある程度の大きさの台木に複数本接ぐ場合は、台木を10~20cm残しても「ほとんど問題無い」で良いんじゃないかな・・ 

初年度こそ、台木からシュートは出ますが、その後はほとんど出ませんし、ラビットアイ台木ゆえ発生するサッカーについては、これは小まめに取り除くしかないかな~と・・・

何本か、残しておいて、接ぎ足すと言うことも出来ますが、それも・・無限・・に出来るわけではないしね・・
ま~何事にも、メリット、デメリットはありますわな~
そのあたりを、考えて「やる、やらない」を決めればいいんでないのかな~ 

|

第三回プレゼントクイズ

R0010178_r え~プレゼントクイズ第三弾でございます・・  

難しいか? ど~か? 判りませんが~~

この純白の花の品種、ノーザンハイブッシュのくせに、暖地適性があるよ!なんて販売されてますが・・
この「暖地適性」を、暑さに強い品種だとか思っちゃうと「大間違い」ですよ

決して、暑さに強いんではなくて、どちらかと言うと「弱い」品種になります・・。
それなりの「面倒見」が要ります・・
私も、4年掛けて60L鉢まで大きくしましたが・・・枯らしてしまいました・・

暖地適性がある! の意味は・・・育ててみないと、判らないことですが~
休眠時間が短めで、花芽、葉芽の動き出しが早くて、サザンの血が入ってるのかいな?と・・・思えるところを言ってるんでしょうが・・・
実際は、サザンの血は入ってないようですが・・ 

岡山では、6月の頭に一番果が熟れます・・
最大果は22mmの実績がありますから、育てたい品種なので接木を作ってます・・。
挿し木は「難しい」とされてますが、接木はどうでしょうかね・・

今回の正解者の賞品は、ブルーインパルスのスパータン、ヌイ、チャンドラーの「大粒トリオ」の中から、お一人様に一鉢をプレゼントです・・。

参加資格は「コメントを一度でもいただいた方」あるいは「ブルコミュに登録ある方」に限ります・・。

参加希望の方は、件名に「クイズ応募」←必須です、件名を変えるとアウトです。

答の品種名、ハンドルネーム、正解した場合の希望品種を明記の上、メールをお願いします。
ブルコミュ登録のみの方は「登録名」を書いてくださいね、確認出来ませんから。

今回の応募締切りは、3月21日の午後23時59分59秒までにメールが届いた方といたします・・。

R0011449左から、スパータン、ヌイ、チャンドラーで、昨秋に根洗いして、8号に植え込んだ株です、花芽は落としてます・・。
スパータンがやや小さい・・・


答を探しに、TOMOさんとこやkeiさんとこへ、行ったらダメですよ・・・

|

接木レガシーの接ぎ直し

P1010099 折れちゃったブルーインパルスのレガシー・・・

Sinさんが、そのまま「接ぎ直せ!」と言うので・・・   
台木の頭を出すのに、少しばかり用土をけずって、頭を出して少し長めに「接ぎ直し」ました・・。 

サッカーにも接ぎましたが、太めの穂木にもかかわらず、芽の動きが早いです・・。
やはり、サザン系の血が濃い感じです・・・ 

P1010113 こちらは、昨年のサッカーに「接ぎ足した」ミスティーですが、やはり早めに、芽が動いていますね・・・

接木の場合はどうしても、台木からのシュート、サッカーの問題が出てきますけれども、対処法としては、こまめに「かきとる」あるいは、数本に限られますが、このようにサッカーを伸ばしておいて、翌年「接ぎ足す」という事があります・・。 

|

一番花はビロキシー

P1010111 うちの、一番花は「花芽だらけのビロキシー」でした・・・ 

かなりの花芽が、ほころびつつあり、このまま「すべての花芽」を咲かせると、かなり見ごたえのある画像が撮れるとおもいますが・・・

最悪、株が弱って・・・ 
ま~でも、ビロキシーが「どんなものか?」知りたいしね~・・・ 

P1010110 これは、昨年の秋に遅くまで伸びたシュートの先で咲いている花・・。

先日のぴんさんの記事にもありましたが、秋から伸びだしたシュートには、よく見られる現象で、別にめずらしいものでも、なんでもありません・・。

シュートが伸びつつ、花芽分化がすすむと、このような現象になるのかも知れませんね・・。

シュートとしては「軟い」し、花芽もほとんどが未熟なので、元から切り取るか、しっかりとした「潜芽」がある部分まで、切り戻したほうが良いですね・・。

|

収穫予定の大鉢・その2

P1010067 2004年の春に「つまよう枝挿し」したチャンドラーです・・。
置き場がなくて、ほとんど「道路」に置いております・・・
ご近所の皆様、スイマセン!

昨秋にTOMOさんとこのフリマに出しましたが、「引き取り」がネックになったのか?
処分出来ずにおります・・・

P1010068 これも、同じく2004年挿しのチャンドラー・・・トホホ~

「つまよう枝」から、大きくなったもんだ!
でも、いまや「邪魔者」あつかいです・・・

P1010074 これも、同じく2004年挿しのチャンドラー・・・
チャンドラーが3本あっても、どうも結実が悪いからスパータンと比べると
イマイチですな~

確かに、大粒はあるけれどもスパータンみたいに「粒揃い」にはならないしね~
味もイマイチの感じがするのは、私の舌がオソマツなんでしょうか??

P1010071 こちらは、2003年挿しのデューク・・・
ちょっと、スパータンの「相方」として良いかな~と思っております・・。

自家結実率も、けっこう高そうだしね、昨年は花をかなり落としたから1kgまではなかったけども・・。
味は、ま~普通!・・ 

P1010070 こちらは、2002年の秋に入ってきたバークレイです・・。

バークレイは下から、シュートの発生が少なくて枝の更新が出来ません・・。

品種的な物もあるんでしょうが~??
イマイチ調子が悪いのかもね、でも根は良く張ってるのよ?!

P1010075 こちらは、期待の星! サミット 

今年はかなり、結実させます・・。
花芽は1/3ぐらいは、落としましたが、まだかなりあります・・・

本格的に結実させて、どうなりますか?
当「サミット普及委員会」としましては、  

ま~勝手に! やってろ~! と言う声も有りますが・・・ 

|

収穫予定の大鉢

R0011432 2003年の春にホームベルの3年生?に5本ほど、スパータンを接いだ株で、2005年に1kg、2006、07年には約3kgぐらいの収穫で、家で一番の株です・・。 現在は100L鉢にお住まいです・・・
初めて、スパータンの接木をした株でもあり、愛着もあります・・。


R0011433 同じく、2003年に接いだ、ホームベル台のスパータン・・。
こちらは、なぜか収量が少しばかり少なくて、2・5kgぐらい・・・
なんでかな~~??

この株には、一本だけ「ダロー」を接いでいたんですが、どうも品種違いの疑いが出て、
現在それは、取り除いております、そうしたトラブルもあってやや愛着の薄い「薄幸な株」でございます・・。 

R0011434 こちらは、2004年に台木としてブルーシャワーは「えんじゃ~ないかいな!」とスパータンを接いだ株・・。
成長が早い!
これが、ま~今主流の「一本接ぎ」がこうなりますよ! という見本みたいな株です・・・

ホームベル台と比べて、やや背が高い・・・
やはり直立性の高いスパータン(品種)は、どのあたりで分岐さすかが難しい・・。
これも、2段、3段で切り戻しをしてるんですが・・
ま~地植えだとそう気にはならないでしょうが、鉢の高さが加わるからね~・・。

この株も昨年は2・5kgぐらいの収穫でした、ちなみにホームベル台とブルーシャワー台の「味の違い」は判りません! そんな繊細な舌はもっておりません・・。

R0011439 これも、同じく2004年のブルーシャワー台スパータン・・
こちらの株は「普通の成長」で、結実はまださせてないです、今年が初です・・。
昨年の春から60L鉢にお住まいです・・。
サッカーにこの春に接いでます・・。

数本のシュートは、来年の結果枝を出させるために「切り戻し」してます・・。
いろいろ、どの株も考えながら「切り戻し」をやってますが、毎年安定して収穫は難しい感じがします・・。
ま~プロの生産農家ではないから、え~じゃない! と云えばそうですが・・・ 

|

今年の接木の芽も・・・

P1010054 今年の接木苗の芽も動き出しております・・。

キャロライン(しろくまさんの提案による、恋人シリーズと云うことで、これからはキャロラインと可愛く表記)

ブルーシャワー台に2本接ぎですが、なんとか2本とも無事であります・・。

これからも、がんばってほしいものです・・・

P1010055 ホルトブルー・ペティットも動いております、やはり接木にすると、自根より株は大きくなるのかな~??

ま~自根でどれだけ大きくなるのか、わかってませんけど!? 

P1010051 小町園のレガシー・・・

やはり、サザン系の血が濃いい感じで、展開もキャロラインなんかよりは、少し速い感じです・・。

P1010065 水が揚がり過ぎて、接合面が傷まないように、テープに針で小さな・・穴・・を開けてます・・・
ですから、テープに塗っている癒合剤が「濡れて」白っぽくなってます・・。
ま~これが、良い方に出てくれると良いんですが・・・

続きを読む "今年の接木の芽も・・・"

|

斑入りのビロキシーの芽が・・・

P1010056 昨年の秋に接いだ、「斑入りのビロキシー」の芽が、やっとこさ動きだしました・・・  

うれしぃ~ぜ~・・・

昨年の秋に接いだ接ぎ穂の芽が動き出したという事は、ほぼこの接木は「成功」・・・

や~本当に! うれしいね~
挿し木にするか、接木にするか、かなり迷いましたが・・・

これで、少し葉が残っているところの芽から「斑入りの葉」が出てくれれば・・・

普通の葉しか出てこなっかたら・・・

|

仕方ないので、植え替え」

R0011418 やや細いですが、1m近くまで「素直に」、伸びた「良い苗」です・・。

まるで私の性格のようです・・・・・・体型ではありません・・・

R0011420 癒合部分も、しっかり癒合してます・・・

ま~しっかりしてないと、ここまで伸びませんけども・・・

ただ、あいかわらず、接木テープが食い込みぎみです・・ 

R0011422 いつもの様に、ジェットで、ざ~っと、洗い流して・・・

R0011424 後は、丁寧に手で根を「ばらし」て、完全に用土を落として洗います・・。

R0011425用土を入れて、パラパラと元肥も入れて、株をすえて・・・

R0011427 少しずつ、用土を入れていき、多めに水を入れて「水きめ」で植え込み・・・

R0011428  いつものよぉ~に~ 幕~が開き~・・・ いや~ちがった!

何時ものように、根が張るまで支柱を「必ず」立てて、マルチも載せて出来上がり・・。

R0011430_2                  

続きを読む "仕方ないので、植え替え」"

|

ローカルニュース

今日は、お天気も良いし、あったかくて良いね~・・・なんて、やるべき事は一杯ありますが、やる気がない~な~んてね!

ダンボールが無いから、接木苗も送れね~しね・・なんて、午前中をダラ~ダラ~過ごして、テレビを観ていると、う~ん!いきなり、放送が2ヵ国語??

いやー!ちがうぞ! 何処かで、誰かが、私を呼んでいる~!!
「おとうさん! どこ、いくん?」の声を、聞こえぬ振りして、愛車「アクティ」に乗って、西に向かいます・・。

pakipakiさんが、呼んでるのか? っと思って、携帯しますが「電源が入っておりません」・・。 
それでも、声に導かれ~て・・・着いた所は「清光園芸」・・・なかなか、ローカルな話題です・・・

「清光園芸」は倉敷市の茶屋町の近くにある、岡山では有数の園芸専門店で、植木売り場を入れれば、500坪ぐらいはあるんではないかな・・。
鉢物、苗物は名古屋の豊明市場から入っているので、このあたりでは見ない「めずらしいもの」が入ってくるので、園芸好きの人にはたまりません! 少し売価が高いけども・・・ソンナノ!かんけ~ね~・・です。

駐車場に着いたとたんに、判りました! 声の主が!! 駐車場のまん前にあります!!

Sbsh0005ブルーインパルス・シリーズであります・・。
なんで、今頃入荷してんの~??

ハイブッシュ中心に40本ほど、チャンドラー、ダロー、スパータン、ブルーヘブンなんか、良い苗があります・・。 
秋に出荷してなかった苗があったんだね~・・・他の地域でも出てるのかな~??

画像はありませんが、5寸ぐらいの「ホルトブルーペティット」もありました、25cmぐらいの高さですが、主軸が太くて非常に良い苗です・・・3000円ですが~国華園の「あの・・苗」が2400円?ですから、ホルトブルーが欲しい人には「お買い得」です・・。

4寸ほどの、ボニータもありましたが、完全に葉が出そろっております・・。??
元旦ぐらいから、温度を上げて管理しないと、あ~はなりません・・良くわかりませ~ん・・。

ひととうり、園内を見て廻りましたが、やはりたまには覗いてみるべきですね・・。 

R0011416 あら~~あなたは、だ~れ?

いつのまに? 助手席に 

      

|

5寸接木苗

R0011412 keiさんが、接木苗が要ると言うので、急遽九州から取り寄せました・・。

行き先は、一応決まってるんですが、数量の変更は出来ますので、もし接木苗が「急に、どうしても欲しく」なった方はメールください・・。 

オニール 3本 2本
ミスティー 2本
サミット  3本 2本 1本
デュプリン 3本 2本 1本
アーリーブルー 2本 1本
デューク  3本 2本 1本
マグノリア 2本 1本 

ぐらいが、変更可能です・・。
3月11日までにお願いします・・・それ以後は予定先に納品しますので、次はこの秋になります・・。

ちなみに、ブルコミュのフリマに出していたのと同じです・・。

R0011415 これは、同時に取り寄せた、サンプルの3・5寸の2年苗でデュークとブラッデンですが、50~60cmあって株もしっかりしてます・・・良いですね~ 

取引先にサンプルとして、見せた後は・・どうしよう~・・かな~?? 

|

抽選、当選者・・発表!

今回は正解者が・・多数・・なので・・・・

少しばかり、考えまして、賞品3種に各一人、つまり3名様を当選者にいたします・・。

R0011401 支柱も20本用意いたしました・・・
2000本はありますから、もっと正解者が出ても大丈夫です・・

R0011402最初は正解者4名の接木オニールです・・

どなたでしょうか~

R0011404 ぶ、ぶれてる~!

ぴ、ぴ、ぴんさ~ん 


R0011405_2 次は正解者6名の接木デュプリンです・・

どなたでしょうか~

R0011407 ピントは合っております・・

truck-farmさん 

R0011409 最後は正解者10名のカロライン

幸運の女神は、誰に微笑むのか・・

R0011410 ぼ、ぼけております~・・

け、けむ、けむりょさん 

R0011411 決まりました・・・
ぴんさん
truck-farmさん
けむりょさん

3名様、おめでとうございます・・。 
また、おしくも外れた方、ご参加ありがとうございました。
個別のメールには、返信いたしませんが、ご容赦願います・・。 <(_ _)>

当選3名の方は、あらためて、電話、住所、本名をメールしてください、判ってますが念のためです。

| | トラックバック (0)

第2回クイズ正解

え~それでは~正解発表です・・・

正解は、サンシャインブルー でした~~

今回は問題がやさしすぎたね~

正解者・・・多数・・・です!!

mktさん    接木デュプリン
syoperinさん  カロライン
pakipakiさん  カロライン
はむさん    接木オニール
いのやんさん  カロライン
ぴんさん    接木オニール
Alsysさん   接木デュプリン
odnさん    カロライン
しろくまさん  接木オニール
ヤマさん    カロライン
truck-farmさん 接木デュプリン
keiさん    接木デュプリン
namiさん    カロライン
うーさん    接木デュプリン
寄り道さん   カロライン
けむりょさん  カロライン
orchidさん   カロライン
potechiさん  接木オニール
teruteruさん  カロライン
Sinさん    接木デュプリン    

以上の方が正解者です・・・ 

抽選結果をお楽しみに~~  

さあ~寝よっと・・・なんか~つかれちゃった!! 

|

ビロキシーの植え替え

R0011387 この株は、以前の記事「花芽だらけのビロキシー」と同期生で、2004年の11月に大関Nから入ってきた株です・・・
2006年の7月に12号に上げて、昨年の春に挿し穂を採ったまま、その後は・・放置状態・・のままで、やや生育が悪く、シュートもあまり太くありません・・。

1年半植え替えてないので、鉢から出して見ます・・・
根の状態をみて、根を大きく切ってまた12号に出戻りするか、
鉢増しするか、決めたいと思います・・。

R0011389根は決して・・悪く・・はありません、さすが1年半で・・根詰まり・・ぎみではありますが・・・
どうやら、昨年のやや生育不良は少し・・肥料足らず・・だったみたいですね・・・
そう云えば、春にやったきり、その後はほとんど・・追肥・・をしてなかったような、気がします・・。 

R0011391 根の状態が比較的いい状態なので、鉢増しすることにします・・・

根鉢の周囲を1cmぐらい、グルリと切っていきます・・。

R0011393 根鉢の底も、切っても良いですが、今回は少し「ばらす」程度にしときます・・・このあたりは、どちらでも・・お好み・・で良いかとおもいます・・。

R0011394  50角スリットが空いてたので、少し大きいですが、植え込みます・・。

ま~秋までには、しっかり根を張ってくれると思います・・。





R0011395 やや調子が悪かったので、花芽が各枝先に1~2あるだけです・・・

「花芽だらけのビロキシー」とは・・えらい違い!」です・・・



R0011398 枝先にポツリ、ポツリと結実させても、意味が無いので今期は、株を「作り直す」意味でも、細い枝を全部落とします・・・

もう少し、深く切り戻しても良いですが、来年に沢山結実させたいので、このあたりでしばらく・・様子見・・です・・。

水は今後、10~14日ぐらいは全然やりません、根の動くのを待ちます・・。

ちなみにこの株は「斑入りのビロキシー」の元株ですので、結構大事にしなくてはいけない株なんですよ・・。 

|

祝2万アクセス、感謝クイズ

祝 2万アクセス !!
お待ちかね、クイズ!第2弾!

さあ~一人で盛り上がって、若干KYぎみだと云う「ご批判」もありましょうが~~・・・
かまわず!行きます!

さ~問題です・・・
先日の記事にも載せた・・国華園から来た、「ゴールデンポットに入った新苗は何でしょう?」・・・

・・・にする予定でしたが~ 一部に「もう!バレバレだ~」と云う声もあり、また、しろくまさんの様に「難問です」と云う声もありで、変更します・・。  

さて前回の問題がやや難しかったと言う声もありますので今回は、超やさしい問題です・・・

P1000037_rプログの左上にもありますが、この花が一杯の品種はなんでしょうか?

一説には、高さが1mぐらいしかならない!なんて云われてますが、うちにあった60L鉢の株は130cmを越えていました・・・

また、自家結実性が強いなんて、云われてますが、それは間違ってます・・・
一見受粉したみたいに見えても、一月ぐらい経つと・・バラバラ・・といった感じで落果します・・。

この品種は「結実」を求めるんでは無くて、あくまで「観賞用品種」として育てるべきです、この品種の大株の花を「全部咲かせると」、それはすばらしいです・・。

さて、応募資格は前回と同じでコメントを一度でも頂いた方、またはTOMOさんとこのブルコミュに登録がある方に限らせてください・・。、
本当はブログに来てくれた人全員にしたいのですが、収拾が着かなくなると困りますので・・・すいませんです・・。 <(_ _)>

正解者の中から・・一名・・様に次にあげるBB苗の中からご希望の品種を一株さしあげます・・。

R0011380 九州産の5寸接木オニール、または接木デュプリンのいずれか・・

接木のデュプリンは現在ココだけの生産でしょう・・たぶん・・。

R0011386 太っ腹!!   自分で言って!どうする~~

以前記事にもしました、株立ちのカロライン、挿し穂を採って幾分「すっきり」していますが、8号鉢です・・。

接木ではないですよ、一昨年入れた小町園のオリジナル苗です・・。
カロラインの8号がもう一鉢でてきましたので・・。

参加希望の方は件名に「クイズ応募」と書いて、希望品種を明記して、出来れば電話番号、住所、本名を書いてください・・。

とりあえずはハンドルネームだけでも良いですが・・

メールの期限は3月5日の23時59分59秒までといたします・・。

| | トラックバック (0)

レガシーはやはりサザン系が・・

R0011366 これは一昨年の晩秋に、カロライン、デニスなんかと一緒にきた小町園のレガシーです(これも2本だけ、お姉さんに無理を言ってしまいました)・・。

レガシーは勿論もってはいましたが、品種確認のために手にいれました・・・

レガシーは、ノーザンハイとして売っているところがありますが、育てて見るとサザンの血が濃く出てると思います・・。

暖地で育てると・・常緑・・と云う通説ですが、岡山では株の状態に左右されるようです、左の株はほとんど、落葉してますが・・・右の株はほとんど落葉せずに、花芽も動いて一部咲いています・・。

右の株のほうが、やや元気なのでこれが・・本来の姿・・かな~とは思いますが・・・
もちろん、品種違いということはありませんよ・・。

R0011378最前列の二株が2月19日に接いだレガシー・・・
左がノビリス台木・・・
右がT-172台木・・
少しみにくいですが、かなり芽がふくらんで来てます、後ろのカロラインなんかと比べると芽の動きが全然ちがいますね・・。

こうした動きを見ても、やはりサザン系の血が濃く出てるのではと思います・・。
右の株は今年結実させてみます・・。 

| | トラックバック (0)

デニスブルーの鉢増し

R0011359 こちらは、小さなコピーすらない、この株だけという・・希少品種?・・のデニスブルーです・・。

昨年の盆明けに、6号から8号に植え替えた時には、やや根張りが悪くて、大丈夫かいな? と思いましたがその後の生育が良くて・・安堵・・した株です・・。

以前にも書きましたが、親がブルーヘブンと云う事で、密かに期待の品種ですが、この品種も情報が少なくて、まだ良く判らない品種ですね・・・

R0011362 やはり根張りは良いですね~
このくらい良ければ、あまり根鉢もいらわずに、少し「ばらす」程度で全然問題無いでしょう~ (^^)

R0011363 10号鉢に支柱を立てて、少しばかり枝を誘引して出来上がり!

今年もう一年、株を大きくするのに専念します・・・

もう少し、挿し穂が採れそうだね・・・どうしようかな~・・・
デニスブルーって密かに人気があるみたいですね・・・
最近小林N?が生産して園芸店に並んだりしてますわな~・・。

| | トラックバック (0)

アララ~ アクセス数が・・・

アララ~

アクセス数が、2万を超えちゃったよ~

どうしよう~・・・ 皆さん、なにか、期待してますか??

もしよ!もしも、またクイズをやるとしたら・・・
賞品は何が良い?? 

| | トラックバック (0)

カロラインの鉢増し

R0011349_2 カロラインのおおまかな剪定が済んで、今年はどぉ~ん! と大きくしたいので8号を10号に鉢増しします・・。
(白鉢が一鉢出てきました・・・(^^)/)

R0011352 10号鉢が今日は2鉢しかないので、割とバランスの良いこの2株をやります・・。

R0011353 根張りも、良い感じです・・。
冬の間は一度も水遣りはしませんでしたが、雪が降ったりで全然問題はなかったみたいですね・・。

R0011355根張りがちょうど、良い感じなので少し「ばらす」ぐらいでいいでしょう・・。

どの株もこんなかったら良いんですがね~・・・

R0011356今年は、どぉ~んと! 大きくなってちょうだいな~ (^^)/

右の株はカロラインの「真実」を見極めるために・・・(^^)
今年は結実させてみます、はたして!!

カロラインの真実とは・・・



本当に、みんなが、カロライン! カロライン! と騒ぐほどの「品種」でありましょうか???

| | トラックバック (0)

チャンドラーの植え替え

R0011342 この株は、2005年の10月に9号に上げてから、植え替えしていないチャンドラーで、本来なら昨年の春に・・挿し穂・・を採ったときに植え替えしとかねば、ならない株ですが、その時点で「ど~も! 調子悪そう~」な感じだったので挿し穂を採っただけで、その後放置していた株です・・。

R0011344 鉢の表面にコケも生えてるし、用土も傷んでる感じです・・。

株は少しは太って、枝も細いですが一応出てますが~
おそらく、根は張っていないでしょう・・・
根が張ってれば、もっと太いシュートが出てるはずです・・。

R0011345_2

底のほうは根が伸びてませんし、やはり用土の表面は傷んでいるし、根腐れしているようです・・。

R0011347とりあえず、用土の傷んでる部分を、ざぁ~っと、掻き落として根腐れしている根も取り除きます・・。

R0011348水洗いして、痛んだ用土を確実に落として、根もある程度・・露出・・させて・・・

後は、いつもの様に用土を少しずつ入れて「水きめ」で植え込みます・・。

R0011358 根が傷んでいたので、元の9号にもどっていただきました・・。
細い枝と花芽を落として、しばらくは「様子見」です・・・

っが~この株が復活する確立は良くて「五分五分」です・・。^_^;
NHが一度、根を痛めると、復活はむずかしいです・・・

ただこの時点で、短気をおこして「台きり」状態にすると、確実にその株は枯れます、痛んだ株を「台きり」して復活にかけるというのは、経験の少ない人がやる、間違った対処法です・・。

| | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »