トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

これを!どうするんだ~!?

R0011263_r 葉が無い状態ですでに、一杯ですがな~!
春になって、葉がでてくるとどうするんだ~?・・とブルーベリーが言っております(横に目一杯広がる接木のオニールあたりかな?)

それは、わかっちゃいるけどやめられない! で昨年もブルーインパルスのチャンドラー、ボーナス、エリザベス、ヌイ、なんか10数本も買って来て植え替えたしね、九州産のサミット、デュプリン、ブルーリッジなんかも植え替えてるし~・・・(ーー;)

本当に、どうしようかね~
処分しかないかね~・・・・・・・

| | トラックバック (0)

花芽だらけのビロキシー

R0011267_r 2004年の秋に大関ナーセリーから入ってきたビロキシーです、05、06年と挿し木を採りつつ大きくなって、今年は・バンバン!・に結実させる予定ですよ~・・・

花芽が・びっしり!・でしかも、膨らみつつあります、シャープブルーの・血・が入ってるらしくてどこか・似た・感じがします。
育てやすくて、樹勢が強いのでお勧めです(挿し木もほとんど100%つきます)。
いかにも・サザン系・を育ててるという感じがしますよ。

比較的新しい品種なのに、パテントがかかってないのも・いい感じ・です・・。

| | トラックバック (0)

残りのカロライン

R0011257_r 先日の「株立ちのカロライン」の同期生です、同じく盆明けに6号から8号に鉢上げして、いずれも一回り大きくなってます。

今年の接木はやはりカロラインを多めに行く予定ですが、5鉢あれば20本程度の穂木は採れるとおもいます・・

でも、20本も要らないのである程度は挿し木にしちゃうかも・・・
まだカロラインを必要な人っているのかいな~?? (^_^)

| | トラックバック (0)

接木デューク

R0011259_r 接木のデュークです、2006年の秋に、奇しくもブルーインパルスシリーズの登場!と相前後して現れた九州産の接木苗です。

2006年の秋に突然に東西からブルーベリー接木苗が出てきたと云うのは、偶然なのか、はたまた「時代の要請」というべきなのか・・!?←そんな、大層な~と言わないで・・! (^^)/

デュークは自根ですが、60L鉢が1本あるので収穫はそちらにまかせて、この株も今年は成長優先にします・・。
デュークはスパータンの・相方・にお勧めです・・。

| | トラックバック (0)

接木エリザベス

R0011260_r 2006年の秋に初めてブルーインパルスシリーズの接木を見て・ビックリ~!・こいて購入した何本かのうちの1本・・。

買って直ぐに、根洗いして8号に植えて昨年1年間をそのままで、昨年の12月にやっと10号に植え替え、この株なんかも8月に植え替えてればもう一回りは太くなってたと思いますが、時間的な余裕とスペースの関係で・・・^_^;

今年もう一年成長優先でいこうかな~
この品種も結構・あばれる・ので矯正用の支柱が必要です・・。

| | トラックバック (0)

接木サンライズ

R0011265_r 昨年の春に接いだ、サンライズです。
4~5本接ぎましたが、ま~ま~元気なのはこの2本だけ・・・

サンライズは皆もあまり栽培はしてないよね・・ この接木もそんなに・思い入れ・があってしたんではなく、あまり・出回ってない・ぐらいの感じでやりました。
ブルーインパルスシリーズにも、たしか30品種ぐらいの内に載ってた様に思いますが、あちこちの店先で合計で400本以上はブルーインパルスの接木を見ましたが、1本もみかけませんでしたね。

生産量がやはり少ないのかな?
そういえば、パールリバーも1本しか見なかったね、ま~パールリバーを接木にして・ど~すんの?・という感じですけど・・。

このサンライズ(りょうくさんのですが)は早生と書かれてますが、育てて見ると、早生というよりは・少し早目の中生・といったほうが正解でしょう。

なぜこの品種がアメリカで早生のブルータに替わる品種と云われてるのか判りません・・・??

| | トラックバック (0)

接木トロ

R0011254_r 昨年の春に接いだトロです、ま~ま~平均的な成長で今は8号鉢にお住まいです。
トロはどうも暑さに弱いみたいで、暖地では難しい品種ですね・・・
まだ、2~3粒しか食べた事がなくて良く判りませんが、ブルークロップに替わる品種だとか、房成の大粒品種とかのうたい文句に引かれてどうしても当地で栽培したい品種です。

2本接ぎましたが、1本だけ成功しました、なんとか枯らさずに大きくしたいです。

| | トラックバック (0)

接木用の台木

R0011247_r この春の接木の台木用に用意しているREです、ホームベル、ブルーシャワーは勿論用意してますがその他に、ブライトウェルー、デライト、プレミア、フェスティバル、パウダーブルー、ブルーベル、ベッキブルー、バルドウィン、ノビリス、なんかを用意してます。

これらの品種に「同じ品種の穂木」をついで、その違いを見てみようかな~とおもってますが、なんか?意味があるの??っていわれそうだな・・・。
ま~全部が成功しないでしょうけどもね・・・

接ぐんだったら、やはりスパータンかな・・・でももう100L鉢が3本もあるしね~
60L鉢もあるし~
チャンドラーもなんだしね~・・・カロラインかな~・・・

| | トラックバック (0)

デニスブルー

R0011249_r これは2006年の12月に小町園からカロラインブルーを皆さんと共同購入したおりに、受付の・ねえさん・に「お願いして」2本だけ購入したデニスブルーです、まだどう云った品種か判りませんが、ブルーヘブンの実生ということで興味あります。

ブルーヘブンは育てやすくて割とお気に入りの品種です、もう少し大粒だったらと思っていたのでデニスブルーに期待です。

もともと2年生で来た割には苗が小さくて、根洗いして6号スリットに植えましたが,カロラインと比べて生育が遅く・ヤキモキ・していましたが、8月の盆明けに8号に植え替えると生育が良くなり、10月の半ばまでにかなり丈も太さも大きくなりました。

この時期の2ヶ月間で成長する、しないは大きな違いですね、一般的には8月の植え替えはタブーとされてますが、それは初心者向けか、あるいはあまりそういった経験の無い人が・何処かで聞いてきた・話です。
もちろん・どんな株・でも良い訳ではありませんが、

  • 株が比較的若くて、根詰まり状態までいっていない。
  • 用土が排水、通気の良い・フカフカ・の感じで、植え替え用土も同じ感じの用土。
  • 植え替えてから、通風の良い、午前中だけ日の当たる置き場。(2~3週間の間)
  • 適切な水やり(ようはやり過ぎず、根を伸ばすこと)ができる。

こうした条件であれば8月に植え替え(主に鉢増しですが)しても、問題はないでしょう。
植え替えて2週間ぐらいで、何らかの動き(枝先から新梢が伸びだすとか、シュートの芽が発生するとか)がでてきます。
その動きがあれば順調に生育をはじめたと云う事です。

この株もkeiさんところへ行ったもう一つの株と比べるとかなり差がついたと思いますよ。
keiさんは時間が無いのと、慎重さから6号のまま、秋遅くまで鉢増ししなかったんだよね。
m(__)m keiさん、比べてごめんね! m(__)m

| | トラックバック (0)

接木チャンドラー

R0011244_r 非常に生育の良い、優等生のチャンドラーです、台木はブルーシャワーですが台木用に育成していたので一年ですばらしく成長しました。

3本接ぎですが、それぞれ良い感じで伸びてます、6号から8号に、8号から13号?にと鉢増ししました。

13号は少し大きい感じですが、リッチェルの球根用の脚付きの浅めの鉢で深さはあまりありません、脚付きなので鉢底を風が抜けて用土の乾きも早く生育に良い影響が出るでしょう・・・

大事な株なので特別にホムセンで調達してきました・・・(^_^)
(でもそんなに、高くはない!498円でした)

| | トラックバック (0)

株立ちのカロライン

R0011236_r 6号の小さかった株のカロラインを8月の中頃に8号に上げたら、ニョキニョキとシュートがたくさん出て・株立ち・になってしまいました・・・^_^;

そんなに何本も出なくても強いシュートが2~3本で良かったんですがね~
ま~整枝もかねて、挿し木が取れると考えましょう・・・
接木の穂木にするにはちょっと細い感じなので・・・。

でも、そんなに挿し木してどうするんだ~!?

話変わるけれども、皆さんのところに嫁入りした15本のカロラインは元気に育ってるのかな~、気になります・・・。(^^ゞ

| | トラックバック (0)

ビッグノース・・・?

R0011234_r 名前に惹かれて、やっぱり買ってしまいましたが(本当にビッグなのか~?) (・・?

なにやら下から株立ち状ですが、ちょっと育てにくいし、まともな・挿し穂・も採りにくい・・・←オイ!オイ!まだ、挿す気かよ~^_^;

聞くところよると、輸入時にまぎれこんでいた「品種不明」だそうですが、名前負けしないようにがんばってね・・・。

それなりの「試験栽培」はちゃんとやってるんでしょうね!?

| | トラックバック (0)

秋接ぎの状態

R0011241_r 昨年の10月に台木用に用意していたブルーシャワーに接いだ株ですが、ほとんど動きは見れません。
唯一ノースブルーが少し芽を出したぐらいです、枯れたのがコビル、チャンドラー、ハリソンの各一本で、成功する感じなのがチャンドラー2本、コリンズ2本、ビロキシー2本、ネルソン1本、ノースブルー1本といったところ・・・

やはり接木も「芽接ぎ」と同じようにもう少し早く、9月の頭ぐらいが良いのかも・・・
少し管理が難しくなるでしょうけども・・・。

| | トラックバック (0)

接木カロライン

R0011232_r 昨年春に接いだカロラインですが、生育が悪~いぃ・・・
接いだ時点では、台木が畑の土みたいな用土の3・5寸ポットのままだったので接ぎ穂が伸びだしても、生育が悪いので5月になって「完全根洗い」して6号に植え替えましたが、やはりホームベルといえども生育期の根洗いは・しんどい・とみえて、その後の生育もよろしくないです・・・

やはり台木も、なんでも・良いや!・でなくてしっかりした台木を用意すべきですね、後々の生育が違ってきます

このカロラインのどちらかは、dogo_onsenさんとこへ行く予定なんですが・・・
あまりに小さくて・・・dogoさん、すいません! ^_^;

| | トラックバック (0)

実生苗B

昨年の10月にバークレイの100L鉢の横のレンガの目地から伸びているのを発見・・

バークレイか、あるいはとなりのスパータンの実生と思われますが、ここまで大きくなるまで気が付かなかった私も・・・ですね~

大鉢になると、よく実生苗が鉢内で発芽することはあり、いつもは躊躇なく抜いていますがさすがに、レンガとレンガの目地でがんばっているこいつは捨てきれませんでした。

それでなくても、栽培スペースが無いのに・・・ま~でも暑さや乾燥に強いスーパーBBが誕生!するかもしれないし、4~5年は遊べるしね。。。R0011227_r

| | トラックバック (0)

斑入りのビロキシー

R0011229_r 昨年の夏に2004年の秋に大関ナーセリーから入ったビロキシーの極一部の枝に白斑が入った葉を発見・・

まだまだ、斑の部分は少ないけれども何とか増殖して、もっと鮮明に斑が入ったビロキシーが出来ないかと思って、さて増殖は挿し木か接木かと考えましたが、少し冒険だが接木(それも秋の!)にしました。

10月の頭ぐらいに接いだので、まだ芽が動くとかの変化していませんが、今の所は枯れてない!

何とかこのまま春まで持って、新芽を伸ばして欲しいな~

| | トラックバック (0)

トップページ | 2008年2月 »